Home > ★スカラーシップ制度★ > この制度導入の思い

この制度導入の思い

  • 2010-09-23 (木) 12:06
  • hatena button

私がシータヒーリングの事を知った時、経済的にも精神的にも随分大変な時期でした。
赤ちゃんが生まれたばかりで自分自身の体調も優れず、産後うつも併発! 子どもは重度のアレルギー! そして事業主だった主人は諸事情により収入がなくなってしまった・・・・!!
貯金はあっと言う間に底を突き、 なんと、赤ちゃんを抱えて電気までもが止められるという人生最大のピンチ状況だったのです。(笑)

すぐにでもシータヒーリングを学んで解決したい!と思いましたが、受講までは少し待たなければなりませんでした。
やがて不思議な奇跡が起こり、(これについてはシータヒーリング基礎DNAの中でお話しています)、セミナーを受講する事ができました。

その後の私の人生は嘘のように激変。 問題はまだまだいっぱいありましたが、どんどん解決していき心も軽くなりました。 シータヒーリングはすごい!! これが私のシンプルなそして素直な感想です。
ぜひ、広めたいと思いインストラクターを目指す事にしました。

と同時に思ったんですよ。
「出会ったあの時すぐにセミナーを受けることができていたら、もっとはやく楽になったのに違いない!」

そして2009年春のインストラクター養成講座に参加!
創始者のヴァイアナさんが、「スカラーシップ(奨学金)」を設け、シータヒーリングセミナーを受講できないほど経済的に苦しい方々をサポートしている事を知り、私も初回から導入しようと決心しました。

ところで、このスカラーシップ制度、私個人で援助するわけではありません。
やはり、私も養う家族があり生活がありますから、全くのボランティアでのサポートはまだできません。 それなりに収益がなければ、どなたのこともサポートできないのです。
つまり、このスカラーシップ制度はココナルのセミナーを受けてくださる方々、セッションを受けてくださる方々に全員に支えられているのです。
さらに言えば、良心的な価格でセミナー会場を提供してくれる友人達・・・、お友達を紹介してくださる皆様方・・・、そのほか色んな方々に支えられています。

シータヒーリングのセミナーに参加すると、たまにアシスタントがいらっしゃいますが、あれも「後輩インストラクターに経済的負担なく勉強させてあげよう」という各インストラクターの方々の愛ある配慮のひとつだと思うんですね。 私も、インストラクター認定セミナーの後、再受講・再々受講ではなく、アシスタントで勉強させていただいた事があります。 こういった先輩方も、スカラーシップを間接的に支えて下さっているわけです。

また、2010年の「シータヒーリング助け愛祭り」開催後からは、「私がスポンサーになります」と、ココナルで開催するシータヒーリングセミナーの奨学金に寄付して下さる方も現れました。 (奇跡です!)

たくさんの愛に支えられ、一人でも多くの方がシータヒーリングと出会い、人生は思い通りに変えられることを実感してくださることを願っています。

その思いを直接的・間接的に支えて下さる全ての存在に感謝いたします。


Home > ★スカラーシップ制度★ > この制度導入の思い

Search
Feeds
Meta

Return to page top